蜆花




カテゴリ



[PR]



シジミバナ

【蜆花】

[学名:Spiraea prunifolia Sieb. et Zucc.]

バラ科の落葉低木。高さ1〜2メートルの株立ち状になり、若枝に短毛がある。葉は互生し、楕円(だえん)形から広卵形で長さ2〜3.5センチメートル、縁(へり)の上半に鋸歯(きょし)があり、両面に軟毛がある。4月、小形の葉が束生した短枝の先に散形花序をつくり、径約1センチメートルで八重の白色花を3〜5個開く。花柄は長さ2〜4センチメートルで、萼(がく)とともに毛がある。花弁は多く、雄しべと雌しべは退化しており、結実しない。中国原産で日本には古く渡来し、花木として各地の庭園、公園などに広く植えられている。名は小形の花形をシジミの内臓に見立てたもの。炒(い)ってはぜた糯米(もちごめ)に似るのでハゼバナ(花)ともいい、小白花を小米にたとえたコゴメバナの名もある。花の中央がへこむのでエクボバナともいい、中国名の笑靨(しょうよう)も同じ意味である。
Yahoo!百科事典




新着トラックバック/コメント


カレンダ
2017年12月
         
19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

アーカイブ
2009年 (3)
4月 (2)
5月 (1)

アクセスカウンタ
今日:1
昨日:0
累計:8,302